ビジネスファッションナビ > 未分類 > ビジネスカジュアルは「財布/小物」で差がつく!レザー使いで男の魅力をちょい足し!
未分類

ビジネスカジュアルは「財布/小物」で差がつく!レザー使いで男の魅力をちょい足し!

クールビズやウォームビズ、働き方改革の推し進みもあり、ここ数年、服装規定を見直す会社が増えてきました。通勤場面でラフな服装で出社されている方を見る機会も多くなったのではないでしょうか。

この流れに伴い、見聞きする機会が増えたのが“ビジネスカジュアル”という言葉です。

しかし…れがどんな着こなしのことを指すのか、よく分からないという方も少なくないでしょう。

実はビジネスカジュアルの定義は不明確で、正解の解釈は人によって異なります。

もちろん「上下揃いのスーツによる正統派スタイルよりもくだけた着こなし」という事が前提なのですが、カジュアル故に、崩し方、遊び心、こだわりの有無でファッションセンスが問われたり、印象が左右されてしまいます。

そして、いかに「人とカブラナイ」スタイルを演出するのかがポイントになるとも言えるでしょう!

今回は他者と「差」をつけるビジネスカジュアルの方法として「レザー製品」を紹介したいと思います、そしてそれを専門に取り扱うショップも紹介したいと思います!

何故なら、レザー製品の小物使いが、ビジネスカジュアルに抜群のアクセントになるからです!

ビジネスカジュアルにレザーがお勧めな理由

ビジネスカジュアルと言えども、あまりに砕けた服装ではTPOにそぐわない事もあります。いくらクールビズと言っても、海パン・アロハで働ける職場は限られますよね?

ビジネスや接客の基本として、営業相手や顧客に対して、自分を認識してもらう事が非常に重要と言えます。

自分を認識してもらう、覚えてもらう為には相手への印象付けが効果的と言えるのです。

では、どうやって相手に自分を「印象付ける」か。

場合によっては「名前」だったり、「話しの内容」であったりする事もありますが、名前は持って生まれたもので変えられない…話しはトーク力やコミュニケーション力が必要…

では、それらを持ち合わせていない、もしくは、今よりももっと相手にインパクトを与えて認識してもらいたい。そう思う人がどうした良いのでしょうか。

身に着けられる特徴は個性となる

自分を認識してもらう為には「特徴」があると、非常に有効です。

先に挙げた名前や容姿といった先天的なものは如何ともしがたいですが、特徴は後付けが可能なのです!

ビジネスの場面で後付けで装着できる「特徴・個性」とは、「身に着けるもの」が他者と一味違う!という事が重要です!

高級腕時計を一つ身に着けているだけで、その人が「信頼できる人」「できる人」というイメージングがなされる「ハロー効果」という物があります。

これは何も「高級腕時計」に限定されるものではないのです。

では具体的には、「何」で個性を演出するのか、という事になります。

それは、あなたが普段使っている「小物」なんです。具体的な小物アイテムとしては「財布」や「名刺入れ」、「スマホケース」「ベルト」「靴」という事になると思います。

小物類を「本物」に変える

ここで最初に抑えて欲しい事は「本物」を選択する事です!

現代のファッションにおいて、フェイク〇〇といった様に、本物に似せてその質感や材質で作られた商品が数多くあります。

しかし、それらをチョイスするという事は、「自分が凡庸」であると、自ら晒してるような事を認識してもらいたいです。

「凡庸」とは平凡でとりえのない事、また、その人や、そのさま。

goo辞書より引用

「本物」にのみ本当の「個性」は存在するのです。

本物の高級腕時計を見て、触れた事がある方ならお分かり頂けるはずですが、一目でそれと分かるオーラを感じたはずです。

つまり、誰しもが持っているものを使用しているようでは、個性を身に着ける事はできないのです。ファストファッションブランド等はもっての他でしょう。

本物のレザーを身に着ける

「本物」がポイントとなる以上、合皮はNGです!

あくまでも「本革」という事が重要となります。

牛革というと、「アメカジ」や「バイク乗り」をイメージする人もいるかも知れませんし、女性が身に着ける事が多い高級ブランドのバック等を想像される方もいると思います。

たしかに高級ブランドのバックや小物も「本物」であり、高級です。

しかし、あえて言おう、それを選ぶ事は「凡庸」であると。

このサイトに辿りついたあなたは、きっと「成功をつかみたい男性」だと思います。

そんな紳士が高級デパートで買える革製品で個性を気取ってはいけないと思うのです。

本物のレザー製品とは、厳選された「動物性の革」を「職人」によって縫製されたものが理想的であると、今回は言わせて頂きたい!

できる男の装飾にブランドの「ロゴ」が必要だろうか。ブランドロゴが見えた瞬間、あなたは「〇〇を持っている人」という認識程度で終わるのではないでしょうか。

ハロー効果にブランドロゴは不要です、本物の持つオーラや存在感が、自分を引き立たせてくれる重要な要素であると、本サイトは強く認識しています。

それではここからは、本物の革製品をどうやって選ぶのかを紹介していこう。

レザー製品の選び方

レザーと言っても、その種類は多種にわたります。何を基準に、どんなもんを選んだらいいのか、以下を参考に選んでみては如何でしょうか。

皮革・レザーの種類

一般的に知られている革としては、「牛」「馬」「豚」「山羊」「羊」「鹿」「ダチョウ」「ワニ」「トカゲ」「パイソン」等が挙げられます。

そして、牛革一つをとっても、牛の月齢や去勢の有無等によって、革の性質が異なるように、革はその個体の持っている「個性」を色濃く反映します。

皮革・レザーの鞣し方

また、革は素材そのままを使用するのではなく、「鞣(なめ)し」という加工を施す事がほとんどです。ですので、革の種類、鞣し方によって、多種多様なレザー製品がこの世の中には存在するのです。

植物タンニンなめし革は自然の風合いと個体差を特長とし、大量生産の均一化とは対極にある上質素材であるとも言われてます。

大量生産の物は化学薬品で鞣し加工を施してるものが多いです。

皮革・レザーの縫製

さらに、製品の製造方法も、職人による「手縫い」、ミシン等による「機械縫い」に分けられ、当然、手縫いの方が「革」の個性に合わせた縫製が可能であったり、ミシンでは再現が難しいステッチ加工も可能である事から、手縫いのものがより「高級である」とされる傾向にあります。

避けたい革

ブルハイド(去勢していない雄牛)、バッファローハイド(水牛)から作られた革製品は、タフで、加工のしやすさや耐水性の良さから、中東製の安価な革ジャン等に利用される事が多く、「安モノ」のレッテルを貼られる不遇な革とも言われます。

また、「ヌメ革」と言われるものがありますが、ヌメ革は植物タンニン鞣しを施しただけの「プレーン」な状態のレザーです。

皺や変色などがダイレクトに現れるのが特徴的で、とにかく経年変化を楽しみたい!という方にはお勧めなのですが、「ビジネスカジュアル」のシーンにおいては選ばない方が賢明な素材であると言えるでしょう。

また、「ダチョウ」「ワニ」「パイソン」「トカゲ」の様に、エキゾチックで独特な個性はあるのですが、ビジネスカジュアルのシーンでは「奇抜」と捉えられる可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

選びたい革

革の種類もさることながら、革の加工産地等も注目すべきポイントです。

特に欧州(イタリア・イギリス)は高級革細工の本場と言われる地方です。

その背景には乗馬文化に由来し、イタリアのトスカーナ、ロンバルディア地方はまさにその本場と言われています。そこでは、革加工、鞣し業者が長年培われた伝統を守りながら、最高級品質の皮革を製造しているのです。

ですので、選びたい革製品としては以下がポイントとなります。

①イタリヤや欧州で加工された本革(牛、馬、豚)等を使用しているもの。

②タンニン(渋液)での鞣し加工がされているもの。

③職人の手作業で縫製されているもの。

あくまでこれは一例であり、加工産地や鞣し方、機械縫いだからといって、決して品質が不良という訳ではなく、今回「ビジネスカジュアル」に適した、というカテゴリーで考えて下さい。

Mens Leather Storeとは

Mens Leather Store(以下MLS)とは、「世界品質の、日本製との出逢いを。」というコンセプトに、ヨーロッパのハイブランドにも引けを取らない、世界品質のMade in Japanのみをラインアップした革製品専門のショップです。

日本で最も高級でハイセンスなレザー製品を取り扱うコンセプトショップサイトの一つであると言えるだろう。

もし、人とは違ったもの「個性」を身に着けて、自分という物の価値を高めたいと思っているのであれば、一見の価値があるだろう。

「世界品質のMade in Japan」という所が、有名ブランドとの大きな違いになってくるだろう。

日本人が日本人の手で、日本人の思考で作って、日本人に提供する商品が、あなたにマッチしないはずがない。本サイトではそう考えている。

MLSで取り扱う商品の特徴

①厳選した目で選び抜かれた商品がラインナップ!

②一過性のトレンドに左右されず、クオリティーを追求!

③一つ一つが手作り!

④「本物」のメンズレザーアイテムである!

真の価値にこだわり抜き、日本の革職人やレザーブランドが成せる匠の熟練技で作られた商品の数々。
その想いや情熱、職人としての誇りに共感し、細部に至るまでの品質に感銘した革製品のみを厳選し、出逢いをお届けしているコンセプトショップ、それが『Mens Leather Store』である。

MLSの商品を実店舗で試す事ができる!

ネットショッピングの一番のネックは、実物を見たり、触ったり、確認する事が出来ない事だと思います!

そんな悩みを解決してくれるサービスがMLSでは用意されています。

MLSの実店舗の場所は↓

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2丁目6−8 大湯ビル 401
Tel:03-3527-3380 Fax:03-3527-3666
Open:11:00 – Close 17:00 / 定休日:水曜日/日曜日
Url:http://towards.jp/shop/

取り扱い商品が少ない状態と公式HPには記載してありますが、連絡をすれば希望の商品を取り寄せておいてくれる可能性があるので、事前に連絡をしてからお店に行くのが良さそうですね!

レザー(本革)を持つメリット

レザー製品は、本来であれば放置すれば腐食してしまうはずの動物の皮革を、鞣し加工を施す事によって、半永久的に存在させるよう加工したもです。

それは実際に堅牢であり、見た目にも美しい物なのです。

れらから作り出される作品からは、「堅実性」「信頼性」といった、ビジネスに必要不可欠なイメージを与えてくれる事でしょう。

レザー製品をビジネスカジュアルに取り入れるメリットはまさにそこにあります!

ビジネスファッションはともするとただただ「カチッ」としただけになりがちで、どこか冷たさとも捉えられる側面も持ち合わせています。

しかしビジネスカジュアルというカルチャーにおいては、そんなスタイルに崩しを入れる事ができます!

レザーをビジネスカジュアルに取り入れる事によって、文字通り「暖かみ」「生」を感じる事ができるのです。レザーは生あるものから生まれた品物です。そこには文字通り命の温かさが感じられるはずです。

そして、それらをビジネスシーンで利用する事によって、ただただ冷たいだけのスーツスタイルから抜け出す事ができ、ビジネスシーンにおける自分の存在価値を一段高めてくれるのです!

財布

ビジネスシーンで財布を出す場面は、主に食事会やランチミーティング、それこそ少し油断している場面となる可能性があります。

ですが、ONとOFFで使い分けるものではない事が多い為、布製品やデザインを重心した革製品、ブランドロゴが目立つものを使用しているという事はないでしょうか。

できる事ならそれらは避け、重厚なイメージを持つ財布(長財布)に変えましょう!

財布はお金が出入りするところです。そこが疎かになっていは、ビジネスにおける金銭管理・マネジメントの能力を疑われかねません。

名刺入れ

名刺と言えばビジネスシーンにおいてなくてはならないものです!

自分というアイデンティティーを伝える場面で真っ先に先方の目に留まるアイテムこそ、名刺入れになります!

これは名刺交換の場面を想定してもらえればお分かり頂けると思いますが、必ず目が行きますよね。

ここでどんな名刺入れから名刺を取り出したか、ほんの些細な事ですが、ここでの印象がその後の先方との関係性を大きく変える事だってあるかも知れません。

相手の目線に入るもの「手」「名刺入れ」、これは上質に仕上げておいて損はないでしょう!

スマホケース

スマホは現代社会においてはONでもOFFでも無くてはならないツールです。キャッシュレス化の流れが進む昨今においては、財布を出す場面そのものも減少しているかと思います。

また、名刺交換等もアプリ上で行う事も以前に比べると多く見られるようになっていますよね。

それだけビジネスシーンにおいてもスマホは利用頻度が高く、かつ誰かに見られる事も多いアイテムであると言えます。

デザイン性の高いスマホケースを使用するというのも、自分の個性を伝える有効な手段となりますが、ビジネスカジュアルの場面においては、キャラクターやブランドロゴのスマホケースは相応しくないと言えるでしょう。

Mens Leather StoreのPICK UP BRAND

Crevaleathco

¥6,000円台~100,000円台:ループキーホルダー、財布類の取り扱い

シックな色合いが特徴的、既存の物をよりカッコ良いものにというコンセプト!

機械では作れない、量産品にはない高品質を実現

お勧め商品は↓ 「Brillante x Crocodile Round Zip Wallet」:

ブリランテ × クロコダイル ラウンドジップ長財布

スムースレザー「ブリランテ」と、エキゾチックレザー「クロコダイル」を見事に融合させた長財布。総手縫いのこだわりは、革の性質を理解し、その部位に合わせた適切な縫製を行うための選択であり、ミシンでは再現できない「美しさ」が仕上がりとして見てとれる!所有する喜びを感じさせる商品と言えるだろう。

「Crevaleathco(クレバレスコ)」のその他の商品を見る

NIBUR:二ブール

¥12,000~¥35,000:スマホケース キーホルダー、財布類

デザイナー・田中智之による財布ブランド、独学で財布作りを続け、機能性と情緒性の融合をモチーフにした商品を展開。そのデザインはモダンであり、まさに唯一無にといったデザイン。使う人の生活と心を豊かにしてくれるアイテムが見つかるだろう。

お勧めは:Smartphone Case (under iPhone XS size)

プエブロ&リスシオ 手帳型スマートフォンケース(iPhone XS サイズ以下対応)

和紙のように風合いの「プエブロレザー」と、潤いとツヤが美しい「ミネルバ・リスシオ」2つの高級皮革を、伝統的な手縫い技法で縫い合わせた逸品は、一般的に販売されているスマホケースとは一線を画す代物だ。キャッシュレス時代に頻繁に活躍するアイテムとして、使用する毎に他者との違いを実感できるだろう!見ている人はそんな違いを見逃さないものだ!小さいからと言って侮るなかれ「高級レザー製品」

NIBUR(二ブール)のその他の商品はこちら

 

Dearest

¥16,000~38,000 財布、マネークリップ

伝統的な匠の技を継承する職人たちとともに、『Mens Leather Store』が独自の視点・感性で商品を企画・開発していくプロジェクト『Dearest(ディアレスト)』。

MLSが独自の視点で商品開発に携わっている事からも、そのクオリティーと機能性は申し分ないだろう。そして所有して使い続ける事でさらにそれが実感できるのではないだろうか。

marume:マルメ

¥12,000~¥66,000 財布 名刺入れ

職人二人が全行程を行っているというブランド、ブランドコンセプトからも分かる通り、過度なアピールはない。しかし不変で長く愛されるスタイルがそこには見受けられる。職人の納得した商品の行きつく先というのは、そういう物になるのだろう。

職人二人が創造する作品は正常進化した一品といえる。

HIGH LEATHER:ヒゲレザー

¥19,800~¥49,500 財布 名刺入れ

札幌市で活躍する革職人:太田陽介によるブランド

オリジナルの革製品を一点一点ハンドメイドで製作しているブランド
確かな制作技術に裏打ちされた「手縫い」と「ミシン縫い」両方の技術に精通し、一針一針に情熱を注ぎ込んだ縫製は、商品の美しさをより際立たせ、ヨーロッパ皮革の特徴を活かした上級なアイテムへと昇華。一生ものの革製品が、確かな技術で作られた「美しい」ものであったなら、使う人にとって新たな価値観をもたらしてくれるだろう。

peppercprn:ペッペルコム

¥7,700~¥59,400 財布 名刺入れ

東京で、三代続く財布製作所の革工房「VERT POINT」によるプライベートブランド『peppercorn(ペッペルコルム)』。

腕が確かな職人が揃っているこの工房では、大手ブランドのOEM生産も手掛けるほどの職人も在籍してる。そこからも製品としての完成度や信頼性が揺るぎないものである事はもはや説明不要だろう。
使用している革製品は「イギリス」「イタリア」の名門革メーカーの素材であり、その上質さは折り紙つきだ

LUTECE

Bluestone

Tsurane

LE’SAC

JUNYA WARASHINA

レザー(革)製品で一味違ったこだわりを演出

職種、企業、職場によってドレスコードはさまざまですが、ビジネスカジュアルはあくまで “仕事のための服装” という観点でコーディネートすべきです。

わかりやすく言うなら、社外の人と会うのに相応しい服装かどうか、というのが1つの基準となります。

よって過度にラフな服装や、極端な崩し方では先方に失礼にあたる可能性もあるのです。

そこでポイントになるのが財布やキーケース等の小物の使いかたです!

ちょっとした時に見える小物に気を使っているかどうか、そういった小さい事で、周囲に差を付ける事ができますし、逆に差を付けられてしまっているかもしれません。

しかし、「レザー(革製品)」ってありなの?

アメカジじゃあるまいし、革にこだわってもしょうがないじゃないか。

そんな風に思われる方もいるかもしれないですよね。

実際革製品は重いし、かさ張るし、現代のハイスペックな小物に比べたら野暮ったくも思えちゃいますよね。

ビジネスカジュアルではどうか

実はレザーアイテムはフォーマルとカジュアルの良いとこどりができるアイテムであると言えます。

ビジネスカジュアルで重要なのは過度にカジュアルに寄り過ぎない事!

かといって崩しが少なければ面白みに欠けてしまいまし、それではカジュアルとは言えないでしょう。

そういった場面でレザーアイテムは丁度良い崩しのアイテムとなってくれます。

レザー製品はそもそもとして高級品であり、むしろビジネス場面では積極的に使用すべきアイテムであると言えます。

現代では合皮や化繊、様々な素材のアイテムが溢れていますが、それらが出てくるまでは、皮革製品で作られる事が多く、それを使用できる事そのものがステータスであったとも言えます。

レザーの魅力とは?

機能性が求められる現代社会において、あえてレザーを選ぶメリットはあるのか、機能性を覆すレザーのメリットなどあるのだろうか。

レザーとは、牛革や馬革、豚、羊等の動物の革を鞣して加工した物の総称と捉えてもらって良いと思います。

また、個体の生育年数や使っている部位によってその素材の質感や用途が異なってきます。

つまり、フェイク(合皮)でない限り、所謂「本革」というものを使用している分けであり、形が同じ商品があったとしても、本当の意味で同じ物は二つとないのです。

ここで言えるレザーの魅力は、完全にオンリーワンであるという事。

完全な個性です!

こだわり

レザー製品は世の中に数多く出回っていますが、その中でも、本当の革製品職人によって作られた製品は、既製品とは一線を画すと言っても過言ではないでしょう。

デザイン・縫製、その全てが完全オリジナルで行われている事が多い商品が、MLSのショップでは取り扱われています。

革の事を良く知った職人が、その革の素材・性質から適した商品を作っているのです。

既製品とは違った魅力があって当たり前だと思います。

そしてそのこだわりが製品の圧倒的な個性を演出し、所有者自信の個性をも引き立たせてくれるのです。

合皮とは明らかに違います!

信頼性・堅実性

皮革製品の良い点としては、何と言っても長く使い続けられるという事だと思います。

皮革製品はえてして非常に丈夫に製造されています。ですので、スマホケースやキーケース、カバン等、精密機器や貴重品を管理する物としては非常に優れていると言えるのです。

イメージ的にも、肉厚で重厚なデザインは、どっしりとした安心感と頼もしさも演出してくれますので、利用しているその人にも、同様のイメージを与えてくれます。

良質な皮革で仕立てたられたレザー製品は、しっかりとした手入れを行えばとても長く使って頂けるアイテムです。そういった意味ではコスパも高いと言えます。

個性の演出

皮革・レザーを使用したアイテムを持つ事は個性の演出にもなってきます。

特に男性にとっては男らしさの演出にも一役買ってくれる事でしょう!

また、ビジネスの面では、堅実さや信頼性をイメージ付けてくれます。

そしてMLSで取り扱っているショップの商品に関しては、オリジナリティーが高く、既製品を使っている方とは違った個性を演出する事ができます。

ハンドメイドで作られている商品にはそれだけの違いがありますし、使っている人ならその違いを実感できる事でしょう。

ビジネスカジュアルでレザーはあり!

そもそも、皮革製品は人間の生活と共にありました。

起源は衣服から始まり、加工技術の発達から装飾品や服飾品として利用されるようになり。

現代では高級品の代名詞ともなっています。

そんな実は身近で、なのに高級感を演出してくれる皮革・レザー製品をビジネスカジュアルに取り入れる事は、実はすごく自然な事であって、簡単にビジネスカジュアルを一つ上のレベルに引き上げてくれるのです!

ビジネスカジュアルで何か垢抜けないと思っている方、他の人とは少し違ったビジネスのおしゃれを楽しみたい!そんな風に思われる方がいましたら、是非MLSのショップとアイテムを覗いてみては如何でしょうか。

きっと、あなたが気になる商品が見つかるはずです、そしてそれはあなたを次のステージに引き上げてくるれかもしれませんよ。