妻にスイート10ダイヤモンドを贈るブログ > ロードtoスイート10 > スイート10ダイヤモンド > スイートテンダイヤモンドの選び方で失敗しない方法は「妻へのリサーチ」
理学療法士副業推進課主任
妻にスイートテンを贈りたい人(贈り人スズキ)
社畜で何とか家族を養ってきたしがない理学療法士です。結婚10周年を目前に、妻からスイートテンダイヤモンドのおねだり…資金調達の為に無謀にもブログに調整して収益を目指しているブログサイトです。同じような境遇の方の一助となれればと思います、一緒に頑張りましょう!
\ Follow me /
スイート10ダイヤモンド

スイートテンダイヤモンドの選び方で失敗しない方法は「妻へのリサーチ」

スイートテンダイヤモンドを贈ろうと思っている男性陣が、果たしてどのくらい世の中にいるだろうか…

贈り物というのは一般的な男性からしたら「選ぶのが難しい」「何を贈ったら良いか分からない」「正直めんどくさい」という意見が大多数なのではないでしょうか。

かく言う私も、贈りたい気持ちはあるけれど「何をあげたら良いのか選ぶのが難しい」と思っている一人です。

女性からは「もらえるだけで嬉しい」「私の為に選んでくれた事が嬉しい」等のお言葉を頂戴する事もありますが、その腹のうちは分かりません。

せっかく贈るスイートテンダイヤモンドです、どうせなら気に入ってもらえる物を贈りたいですよね!

贈り物を喜んでもらえる最善の方法…それは「リサーチ」する事です!
前もって「コレ!」という物が分かっていれば喜んでもらえる事間違いなし!

その「コレ!」が分かれば苦労しないんですよね。

今回は、妻に気にってもらえるスイートテンダイヤモンドの選び方を思案していきます!

スイートテンダイヤモンドを欲しいと思っているか、思っていないか。

まず大前提として、パートナーがスイートテンダイヤモンドを欲しがっているかどうかだと思います。

まず、そもそもとして、パートナーがスイートテンダイヤモンドを「欲しがっていない」「期待していない」のであれば、比較的何を贈っても喜ばれると思うのです。

期待していない状態で何かをもらうという事は「サプライズ」です。ゼロからプラスに転じる訳なので、基本的には喜ばれるでしょう。
もらった後に「どうせなら○○が欲しかった」と言われる可能性もない訳ではないでしょうけれど。

では…明らかにスイートテンダイヤモンドを欲しがっている場合はどうか!「結婚10周年には何か欲しい」的な事を少しでも匂わされている場合もそれに含まれると思います。

スイートテンダイヤモンドを欲しいと思っているのが分かっている場合

この場合は、パートナーの頭の中に何かしら「イメージ」が形成されていると思った方が良いでしょう!

このパートナーが想像している「イメージ」と、「実際の贈り物」の差が少なければ少ないほど喜んでもらえるでしょう!逆に、イメージと実物の差が大きければ大きいほど…

せっかく贈り物をするのにそれは悲し過ぎますよね。

ですので、最善の結果をもたらす為には「下準備」が必須と言えるでしょう!

何が欲しいのか分かっていれば失敗しない!

さて、せっかく贈るスイートテンダイヤモンド、贈るからには喜んでもらいたい!そう思うのが贈る側(男)の真理です。

ですが、ここで間違えてはいけないのが、スイートテンダイヤモンドが「前から分かっていた物」だという事です。つまり、事前準備が可能なものという事です。しかも場合によっては10年の執行猶予付きです。

誕生日や記念日もそうですが、同じ「前から分かっていた記念日」と言えども、そこは10年の重みがあります。

贈る物としては普通の誕生日や記念日と同じような思考ではいけないのです。「絶対に負けられない戦いがあるんです」

なんていうと大げさすぎますが、事前準備に10年の期間があるのです。

この期間中にパートナーの「好み」をしっかりと把握しておく必要があるでしょう!

期待外れの物をもらって女性が許してくれるのは「恋人」の時まで

ある研究によると、恋人からもらったプレゼントが「自分の欲しかったものかどうか」で二人の将来が明るいかどうか決まる、というものがあるそうです。

男性の場合、自分の欲しかったものをもらった場合に「二人の将来は明るい!」と答えたそうですが、女性の場合は逆で、自分の欲しかったものとは違う物をもらった時に「二人の将来は明るい!」と答えたそうです。

研究を率いたエリザベス教授によると、女性の方が繋がりを大事にしたい生き物であり、恋人が、自分が欲しくないプレゼントをくれたということを否定的なシグナルとして捉え、否定的なシグナルから関係を保つための防衛機制を発動させ、現実を否定し、むしろ二人の未来を肯定的に考えるようになるのだそうです。

出典元:恋愛の科学/期待外れ?欲しくなかったプレゼントをもらった時の男女の反応の違いよいり

なるほど、つまり期待外れの物を渡しも関係性が保たれるのか…

なんて思ったら大間違いです。

この研究はあくまで「未婚」のカップルが対象です。今回の贈り物は「スイートテンダイヤモンド」です。

今でも結婚以前と同じようにラブラブな夫婦で子供もいないのであれば、プレゼント選びに失敗しても良いでしょう。それこそ「どうせうちの旦那は何もしてくれない」位に思われているのであれば、どんな物を上げても喜んでくれるでしょう。

スイートテンダイヤモンドは結婚関係になって初めて贈るものであって、夫婦の関係性も恋人同士の時とは違っているはずなのです。

つまり、恋人同士の時なら、「男性」が「女性」にとって大事な存在であり、否定も肯定したくなるような存在であると言え、それは恋人同士だからこその「優先度」がそうさせるのだと思います。

しかし、結婚して10年も経てば関係性も変わり、「女性:妻」から見た「男性:夫」の優先度は自ずと下がるのです。子供がいれば子供でしょうし、女性の社会進出が当たり前の時代においてあ、家庭より仕事!という人もいるかも知れません。

つまり、恋人の時なら許された失敗も、夫婦関係になった今では、否定のシグナル=結婚10年も経つのに何も分かってないのか⁉という火に油を注ぐようなう愚行となりかねないのです。

何が言いたいかと言うと、スイートテンダイヤモンドに失敗は許されないのです。

欲しい物の情報をあらかじめ入手する!ヒントは普段の会話や雑誌の中にあり!

スマートにスイートテンダイヤモンドを贈りたいのであれば、普段の会話に最大限の注意を払う必要があります。

女性というのは、普段の会話にヒントを含ませているものです。

「結婚10周年にさ~」なんてフレーズが聞こえようものなら、その答えは「スイートテン的な物をよこせよ!」という事です。

まずこれで「スイートテンダイヤモンド」を贈る必要が確定します。

次は好みの調査方法ですが、これはパートナーがファッション誌や女性誌を読んでいるのであれば、そこから好みの系統をチェックする事ができます!

女性の服装というのは多種多様ですが、服装・装飾の好みはある程度決まって来るものだと思います。

しかも結婚・出産・子育て最中である事が予測される結婚10年目ともなれば、ある程度服装の系統も決まってくるものと推測されます。

ですので、パートナーが読んでいる女性誌に掲載されている装飾品が正にヒントになると言えるでしょう!

良く目にする物=潜在的に購買意欲をそそられるように仕向けられているという事が言えますので、それ即ち「欲しい物」という事になるでしょう!

ファッション誌は掲載している服飾品を売る事も役割の一つだと考えますので、消費者の購買意欲をそそる様なCM効果を狙った構成になっているとも言えます。

思い切ってパートナーの読んでいる女性誌をのぞき込んで、どんなメーカーが掲載されているのかをチェックしてみると良いでしょう!

私の妻は「AHKAH」がお好きな様です。

相手(妻)が何を欲しいか当てる事はほぼ不可能!二人で選ぶのが賢明!

さて、ここまでダラダラ長く記事を書いて来ましたが、妻にスイートテンダイヤモンドの贈り物をする上で、一番良い方法は、「二人で選ぶ事」です。

その理由が紹介されいてるサイトを見つけました↓

〇10年で妻の趣味趣向も変化し、それを完璧に熟知するのはいくら完璧な夫でも至難。
〇大切なのは妻に選んでもらうこと。その一択。
〇特別な瞬間であり、特別なプレゼントだから失敗は許されないで。
〇高価な買い物をして失敗するなんて絶対に避けるべき。
出典元:Happy Anniversary/最高の結婚記念日情報/スイートテンはもう古い?今人気なケ近記念日10年プレゼントより

まさにその通りだと思います。

スイートテンダイヤモンドを贈る=結婚10年の節目です。

それを贈る側、贈られる側がどう捉えているのかが重要だと言えます。

ともすると男性(夫)は記念日を軽視しがちなところがあるのではないでしょうか?女性(妻)からは「期待してないから」なんて言われて、鵜呑みにしてはいけません。

女性はいつまでたっても女性です!期待してない訳ないんです。そう言って自分を納得させているに過ぎません。

だから男性陣(夫)はこのイベントは逃してはならないのです!

スイートテンダイヤモンドをあげた、あげない、もらった、もらってない。そんな事で、これからの長い夫婦生活が良い方向へ行くか、最悪の方向に行くのか決まると言っても過言ではないでしょう。

女性は死ぬまで覚えているんですよ「あれをしてもらった」とか「あれをもらった」とか。そして「しもらった」よりも、ネガティブな「してもらえなかった」方が強く、かつネガティブな感情として残り続けるのです。

なので私は「確実に妻が気にいる物」を二人で選ぶ事にしようと思います。その予算によってはサプライズで+αで食事なんかを検討しようと思います。

スイートテンダイヤモンドの贈りものにサプライズは不要!必要なのは「今までの感謝」と「これからもよろしくの気持ち」と「交友」!

私はそう結論付けました。皆さんはどうしますか?