妻にスイート10ダイヤモンドを贈るブログ > ロードtoスイート10 > 副業ブログ > Google AdSense【一発合格】意識すべき5つのポイントを一挙公開!
理学療法士副業推進課主任
妻にスイートテンを贈りたい人(贈り人スズキ)
社畜で何とか家族を養ってきたしがない理学療法士です。結婚10周年を目前に、妻からスイートテンダイヤモンドのおねだり…資金調達の為に無謀にもブログに調整して収益を目指しているブログサイトです。同じような境遇の方の一助となれればと思います、一緒に頑張りましょう!
\ Follow me /
副業ブログ

Google AdSense【一発合格】意識すべき5つのポイントを一挙公開!

ブログで収益化する為の方法として「Google AdSense」か「アフィリエイト」で収益化しようと思う人が多いと思いますが、今回は最短でGoogle AdSenseの審査に通る為の話をしようと思います。

Google AdSenseで収益化する為には「申請して審査に通る」必要があります。

できれば最短経路で審査に合格して、自分のブログにAdSense広告を張り付けたいですよね。

万が一「申請」して審査に通らなかった…なんて事になったら、修正箇所を考えたり、無駄な手間が増えてしまい、時間を無駄にしてしまう事になりかねません。

私が今回紹介する方法は、早い人なら1週間で審査に通ると思います。しかも一発で。

この記事はめんどくさい事は考えたくないけど、絶対一発でGoogle AdSenseの審査に通りたいと思っている人にお勧めです。

また、審査に通らなくて、リベンジしたい人にも参考になる事があるかも知れないでの、良かった見ていって下さい。

アドセンス合格までにかっかった期間


私の作業スピードでも1カ月でAdSenseの審査に通りました。一発です。

私し自身の作業時間は一日1~2時間(平均1.5時間)なので、月作業時間は約40時間です。

ですので、この作業時間を確保できれば、最短で2日(申請の通知が来るまでの日は除く)でGoogle AdSenseに申請して審査に通る事も可能かも知れません。

私は作業する日もあれば、しない日もあったので、実施的な作業時間はもっと短いと思いますが、遅い方だと思います。

アドセンス申請から通知までの時間

アドセンスの申請をした次の日には「合格通知」的なメールが届きました。

申請の通知をPM15時位に送信して、翌日の正午までには通知が来ていたので、審査通知を送信してから24時間以内で通知が来たことになります。

アドセンス審査通知が来るまでの期間は「数時間~数か月」と言われているので、通知が来なくても焦らず待つ必要があるかも知れません。

私の経験(知人やメンターの話し)では、概ね審査依頼を送信した翌日から翌々日には合格通知が来ています。

アドセンス申請で一発合格する為に注意すべきポイント


今回のキモとなる部分はまさしくこれに尽きると思います。

大きく5つのポイントに分けたので、一つずつ解説していきましょう!

私はメンターからこの事だけを指導されて、以下を忠実に順守しました。そのお陰かどうかは知りませんが、AdSense一発合格しました。

ではチェックしていきましょう!

①記事数は概ね10記事以上

他の方のブログ等を見ると、わずか数記事でもアドセンス申請に合格したという物を目にした事がありますが、私は10記事を越えた時点で申請すると決めていました(実際には10記事以上書いてからの申請でしたが)。

何記事書かなきゃいけないという、明確な規定はどこにもありません。

ポイントになるのは、自分のブログが何の情報を提供しているのか分かる事だと思います。

そう言った意味では「特化型ブログ」の方が審査に通りやすいかも知れませんね。

雑記ブログで10記事程度の申請で合格した例も当然ありますし、そう言った例がある事実を知っています。

②記事の文字数は3,000文字を目安に!

私が意識した記事の文字数は約3,000文字です。

書く記事の内容にもよりますが、H2タグが3~5の記事を書いていれば、3,000文字位になるはずです。

別にこれより少なくてはダメ!という事はないと思うのですが、単純に中身のある記事を書こうとすれば2~3,000文字の記事数になるという事です。

ただし注意する点として、文字数を増やそうとして、意味のない内容を載せたり。記事タイトルと違う内容になっていかないように注意する必要があります。

③記事の内容は真実を!必要なら必ずリンクを!

記事の内容に嘘があってはいけません。

嘘の内容なのかどうかを、どうやってgoogleが調べているのかは分かりませんが、正しい情報なのかどうかを調べる事はできていると思います。

良く言われている事ですが、それは記事の内容を裏付ける引用元の「リンク」の有無です。

あなたの記事内容が嘘でない事を証明する為には、それを裏付ける情報を貼りつけるしかありません。

そうやってリンクを張り付ける事で、記事の信憑性が付加されるのです。

正し、自分が体験した事や、商品を使ってみたレビー等はその限りではないと思います。その分嘘かホントか分からない記事として認識される可能性はありますよね。

④プライバシーポリシーや運営者情報

ブログやサイトを構成するのは記事だけではありません。

アドセンスで広告を貼るという事は、広告主がいるわけですが、広告主からしたら、得体の知れない人のブログやサイトに広告を貼りたいとは思わないですよね。

誰が運営しているブログ・サイトなのかしっかりしている事が重要なのです。

私のブログもフッター(ページの一番下)に運営者情報とプライバシーポリシーを設置しています。

中まで入ってもらえれば分かりますが、「お問合せ」等も設置してあります。

どんな内容を載せたら良いのかは簡単に分かります。

AdSense広告を載せているブログの運営者情報やプライバシーポリシーを覗いてみる事です。普段なかなか見る事のない部位ですが、私のブログでも結構ですので覗いてみて下さい。

これが「ある」と「ない」では大きく結果が異なってくるはずです。

⑤ブログ・サイトの有益性がユーザー第一になっている事

①~④をまとめると、自分が申請したいブログ・サイトが真摯であるかどうかという事です。

Googleが最も大事にしている事、それは「ユーザー」です。

ユーザーにとって有益かどうかが全てなのです。

ですので、自分が運営しているブログ・サイトの情報がユーザーにとって有益であり、かつ運営しているブログ・サイトが真摯にユーザーの為になる情報や物を提供しているかどうかが、審査合格のポイントになってくると言えると思います。

Googleがどんな会社かを理解する事が正解への近道!

これまでは、具体的な方法を紹介して来ましたが、ここからはもう一歩踏み込んで考える所です。

上記5つをしっかりと作り込めば、限りなくAdSense申請は合格に近づくとはずですが、より確実なものにしたいのであれば、ここからも読む事をお勧めします。

皆さん就職の時に、自分が就職を希望する会社・企業の事は当然調べましたよね?

では、Googleという会社がどういった理念で、どんな事に使命感を持っている会社かご存知でしょうか?


出典元:google ホームページ

「世界中の人にとって役に立つ!」この事を理解して、ブログ・サイトを作る事が重要。

Google AdSenseの審査に通るというのは、言わば就職の審査試験の様なものです。

企業からしてみたら、自分の意見に賛同してくれる人を雇用したいと思うのがふつうなのではないでしょうか?

要するに、Google AdSenseは、Googleが提供したいサービスを手助けしてくるブログ・サイトを欲していると考えられるわけです。

Googleが掲げる10の事実

実は、Google AdSenseに一発で合格する為のポイントはGoogleの公式サイトにちゃんと載っているのです。

それが「Googleが掲げる10の事実」です。Googleの公式ホームページのGoogleについてから見つける事ができます。

この全部ではなくても、要所を理解する事こそが、Google AdSenseの審査に合格する為には重要だと思います。

Googleは世界中の人に、より良い情報を伝えられるよう、世界中の人が情報にアクセスできる事を目標としています。そして、そこに広告を貼る事で企業的な利益を発生させる営利企業であるとなっています。

大事な事は、自分のブログ・サイトが、世界中(ちょっと大げさですが)の人にとって有益な情報を提供していて、そこから広告収入を期待できるブログ・サイトであると、Googleにアピールする事ができるかどうかが、AdSenseの合格判断になるのだと思います。

さらに踏み込んだ事を言えば、このページには「検索上位に表示されるヒント」も散りばめられているのです。

まことしやかに囁かれている検索上位に表示させる方法の根本的な理論は、全てこの「10の事実」からきている様に思います。

Google AdSenseの審査通過してからが本番!

Google AdSenseは、審査に通過する事が全てではありません!

私のような副業ブロガーにとっては、ここから自分のブログ・サイトの個性を発揮させ、どんどん有益な記事を書いていかなければ、せっかく審査に通過した意味がありません!

ここで一段落、ではなく、ここからやっとスタート!という気持ちを持って自分の生活をGoogleと一緒に良くしてい行こうと思います!

私はこれからさらに頑張って行こうと思います、私にだって出来る事です、皆さんも一緒に頑張ってみませんか?