妻にスイート10ダイヤモンドを贈るブログ > ロードtoスイート10 > スイート10ダイヤモンド > 妻の話を上手に聞く【方法5選】と聞かなければいけない理由を男は知らなくてはいけない!
理学療法士副業推進課主任
妻にスイートテンを贈りたい人(贈り人スズキ)
社畜で何とか家族を養ってきたしがない理学療法士です。結婚10周年を目前に、妻からスイートテンダイヤモンドのおねだり…資金調達の為に無謀にもブログに調整して収益を目指しているブログサイトです。同じような境遇の方の一助となれればと思います、一緒に頑張りましょう!
\ Follow me /
スイート10ダイヤモンド

妻の話を上手に聞く【方法5選】と聞かなければいけない理由を男は知らなくてはいけない!

「ねぇ!ちゃんと話し聞いてる?」

奥様からそんな風に言われた事のある人、いるのではないでしょうか。

このちょっとした積み重ねが妻のストレスを爆上げさせ、ちょっとした事をきっかけに大爆発につながるのです。

そんな危険の芽は早々に摘み取る必要がありますし、起きないトラブルなら起こさないに越した事はありません。

夫婦生活から、予期せぬトラブルを減少させる為のヒントは、冒頭の「ねぇ、ちゃんと話し聞いている?」に隠されています。

今回は夫婦生活を円満に送る為の「会話の方法」を紹介したいと思います!

会話はコミュニケーション!共同生活にはなくてはならないもの!


夫婦であっても、そうでなくても、人と人の関わりにおいて「会話」は意思を伝える重要なコミュニケーションツールです。

「言葉に詰まるようじゃ恋は終わりね…」

そう、会話が無くなった夫婦生活なんて目も当てられません。

会社での事、スーパーであった出来事、親の話し、子供の話し、昔の話しやこれからの話し。どんな内容であっても、話しをするというのは大事な事なのです。

ですが、話しをする目的は、実は女性と男性では異なる事が多いのです。その事を知らないと、夫婦の会話はトラブルを引き起こすきっかけになり兼ねないのです。知っていても、実践出来なければ結末は同じなので要注意です!

特に、仕事で疲れて…なんてこぼしがちな人は要注意です!

妻が会話に求めるもの(効果)

ずばり、妻が会話で求めているものは「口から言語を発する」という行為そのものです。

つまり、話している内容にそれほど意味はありません。

意味のない事をなんでわざわざ話すの?そんな風に考える時点で、夫婦会話力0点です。

語弊を恐れずに言いますが、女性とはめんどくさい生き物です。

面倒くさいが故に、対処方法を間違える可能性が非常に高く、夫婦生活を脅かすリスクともなるのです。

スズキさん
スズキさん
話しを聞かなくてもダメ、聞き方を間違えてもダメ…じゃあどうするの?

女性が会話に求めるている事は「感情の整理」=ストレスコントロール

妻の話しの内容は「結論」ではなく、序章から始まります。

「今日どこどこに行って~、〇〇をして、〇〇だった、それでね…」

経験された事のある男性は非常に多いのではないでしょうか。

そう

スズキさん
スズキさん
いや、結論は?

女性は話をしながら、自分に起こった事を整理する傾向にあります。なので、話しが長くなるのも当然、その流れを作る事によって自分の感情を整理し、ストレスをコントロールしているのです。

妻のストレスコントロールがされなかった時のリスクを考える

女性は「会話」や「買い物」「食事」によってストレスを発散する事が多いですが、結婚、子育て忙しい時期の女性に「買い物」「食事」の機会を作るのは難しいものです。

必然、話しをする頻度が多い人(=夫)との「会話」でそのコントロールをせざるを得ないのです。

つまり、妻がストレスフリーに生活できるかどうかは、会話をする「夫」次第なのです。

妻が慢性的にストレスフルな状態だったらどんな事が起こるか想像してみて下さい…

スズキさん
スズキさん
口に出すのも恐ろしく、文面に載せる事さえ憚れます。

最悪「離婚」なんて事にだってなり兼ねませんからね…

では、我々男性陣はどのような対処法をとる事が正解なのかを、これから紹介していきたいと思います!

夫が実践すべき妻の話しの上手な聞き方5選!余裕を持って挑むべし!


それではここからは、具体的な妻の話を上手に聞く為の方法を5つ紹介していきたいと思います!

以下の5つはあくまでテクニック的なものです、自分が疲れていようが、眠かろうが、とりあえずコレを実践すれば、妻の不満は少なからず満たされる事でしょう!

さらにもっと上手に話を聞くのであれば、自分に余裕を持つための取組みが必要ですが、それはまた別の機会に…

とりあえず最速で試せる方法を紹介して行こうと思います!

己の考えは捨て、全て肯定せよ!

妻が話しをする理由は、話している出来事に意見を求めているのではありません、ただ聞いて欲しいだけなのです。

ただ聞いて欲しいだけの話しを否定されたら、余計な火種を生む結果になります。

ポイントは、たとえどんなに間違った事を言っていても、その場でその事を否定してはいけません!

もし、意見したいのであれば、かならず妻の話している内容を「肯定」してからにしましょう!

相手の意見を一度受け止める事によって、話している相手は「自分の事を理解してくれている」という共感の感情を持ってくれます。

この、全て「肯定」する為の方法が「相槌」です。

沈黙はNG!相槌をかかさない!

相手の話を肯定的に受け取っていると示す効果的な方法として、話しの要所要所で「相槌」を入れる事です。

具体的な良い例としては・・・

「うんうん」「なるほど」「そうだったんだね」「それから」等が理想的です。

あまり良くない相槌としては・・・

「へえ~」「ふぅ~ん」です。

使ってはいけない分けではありませんが、多様すると話を聞いていないと受け取られる可能性があります。

使うのであれば、良い例の相槌と併用すると良いでしょう!

「へぇ~、それから?」、「ふぅ~ん、なるほどね!」と言うような言い回しにする事によって、話している人に共感と、話しを引き出す効果が期待できます。

この相槌の真意として大事な事は、「共感している」という事をアピールする事です。

もう一度言います、妻は話を聞いて欲しいんです。

この話に解決策は不要!答えを言わない!

大事な事なのでさらにもう一回言います。

妻は話しを聞いてい欲しいだけなのです。決して私から(あなたから)の解決策のアドバイスが欲しいわけではないのです。

男性は話しを聞いていると・・・

「ああしたら良いんじゃない?」「もっとこうすれば良いのに・・・」と頭の中で考えていますよね、皆さん経験あるのではないでしょうか。

それを頭で考えても良いですが、口に出しては行けません、ましてや相手の話を遮るような事があってはいけないのです。

妻は話をしたいのです、気持ちよく吐き出させる事に集中しましょう!

オウム返しで聞いてるアピール!言葉のバリエーション、語彙力で対処しろ!

究極に話している相手から話を引き出す方法として「オウム返し」が有効です!

オウム返し程有効な「共感」をアピール付ける方法はありません!

なんならこれだけやっておけば完璧です!

人は自分の言った事に対して、相手が理解している、共感していると事が分かると、一緒に会話をしている人に対してポジティブな印象を持ちます。

これこそ!妻のストレス発散から、夫婦関係を良好に持っていくための裏技でもあります。

ストレスを吐き出させながら、密かに自分の事をポジティブな印象として植え付ける事ができるのです。

まさに一石二鳥の方法だと言えるでしょう!

オウム返しをしていれば、話の解決策を言ったりというミスもしなくて済みます!注意点として、機械的にならずに、疑問形で投げ返す事が重要です。

妻「今日スーパーに行ったの」

自分「今日スーパーに行ったんだね?」

妻「そしたらすごいムカつく店員がいたの!」

自分「すごくムカつく店員がいたの?(それで?)」

といった様に、妻の発言に対しては疑問形で返す事によって、相手から話を引き出し、気持ちよく吐き出させる事ができるのです!

妻の話しに集中しているアピール!よそ見しない!スマホを見ない!

これまでの方法を駆使すると、意図も容易く妻の話しを聞く事ができます、それこそTVやスマホを見ながらの片手間でもできてしましますが、そこが落とし穴です。

「ねぇ~話し聞いている?」の時がどんなシチュエーションが思い出して下さい。

自分はどこを見ていますか?TVやスマホではないでしょうか?

それをやってしまっては今までの苦労が水の泡です。妻は話を聞いているかどうかを、会話の流れだけでなく、我々の態度からも読み取っています。

これは妻との会話に限った事ではありません。会話で重要なのは適度なアイコンタクトです。

3秒程度目を見る時間があれば、相手に好意的な印象を与えますが、全くみない、見すぎるというのは、逆に「興味がない」「探られれている」という印象を与えてしまう事になるのです。

ですので、TVやスマホを眺めて、妻の方を全く見ないというのは論外です!それ自体が妻のストレス値を上昇させる愚行である事を肝に銘じる必要があります。

ポイントは「3秒」相手の目を見て話しを聞く事です!

相槌の時は目を見る必要はありませんが、妻が話している最中は、瞬間瞬間で妻の目を見るように意識してみましょう!

そうする事で、妻は「あ、この人は私の話を聞いてくれている」という感情と、「共感してくれる人」というポジティブな印象を我々に持ってくれるようになります。

何より、こちらも少し話を聞く事にポジティブな気持ちになれます。

良好な人間関係は、話し上手よりも「聞き上手」!聞き上手で夫婦関係も円満に!

人間関係を良好に構築する為のスキルとして、「聞き上手である」という事は広く知られている事です。

今回はそれを夫婦生活の会話場面に応用してみました。

私自身、妻との会話が上手くいかず、逆にお互いがストレスを感じて反発してしまう時期があったので、どうしたら良いのか模索する中で、この方法に辿りつきました。

結果としては以前よりも柔らかい物腰で夫婦の話しや子供の話し、これからの話し等の、ちょっと面倒くさいような話も落ちついてできるようになりました。

それこそ、妻のちょっとした愚痴くらい、楽しい話しを聞いているような気持ちで受け流せるようになりました。

妻に変わってもらわなくても、自分が変化するだけで、夫婦関係は良好になったと思います!

嫌な話しや面倒くさい話しって、どうしても投げやりな、ケンカ腰の話し方になってしまう事もありますよね?それ自体が夫婦関係を悪い方向にもっていってしまう原因になってしまう恐れがあるので、できれば避けたいものです。

皆さんも、今回紹介した「妻の話しを上手に聞く方法」を実践して、夫婦生活を今よりもっと良くしていきましょう!