妻にスイート10ダイヤモンドを贈るブログ > ロードtoスイート10 > スイート10ダイヤモンド > スイート10ダイヤモンドを贈るべき【絶対的な理由】40年以上ある夫婦生活を円満にする秘策なり!
理学療法士副業推進課主任
妻にスイートテンを贈りたい人(贈り人スズキ)
社畜で何とか家族を養ってきたしがない理学療法士です。結婚10周年を目前に、妻からスイートテンダイヤモンドのおねだり…資金調達の為に無謀にもブログに調整して収益を目指しているブログサイトです。同じような境遇の方の一助となれればと思います、一緒に頑張りましょう!
\ Follow me /
スイート10ダイヤモンド

スイート10ダイヤモンドを贈るべき【絶対的な理由】40年以上ある夫婦生活を円満にする秘策なり!

みなさん結婚されていますか?結婚何周年ですか?もし結婚10周年を間もなく迎えるのであれば、今回の記事は必読です。

結婚生活5~10年目でこの記事に辿りついた方、いや、結婚間もない人であっても、長く続く夫婦生活を円満にし、豊かな老後を迎えたいのであれば、実はそんな人にこそ、今回の記事はお勧めです!

夫婦生活を穏やかに過ごせてきた人、何かうまくいかないけど10年になりそう。そんな方はこの記事を読んで、結婚10年から先の夫婦生活をより良い方向に向かわせませんか!

10周年の記念に何か贈ろうと思っている人、いやいや別に何もしなくても良いでしょう。色んな考えがあると思いますが、結論から言えば「スイート10は贈りましょう」

そうする事で、結婚生活・夫婦生活はより良い方向へ向かっていく事ができるはずです!

スイート10(10周年)は夫婦生活をより良くする為のチャンス!

離婚しやすい婚姻年数に一定のデータがある事を御存知でしょうか。

今や3組に1組は離婚に至ると言われていいますが、その内結婚5~10年で離婚に至るケースが全体の20%を占めており、最も離婚に至りやすい時期だと言えます。
出典元:離婚弁護士ナビ/日本の夫婦の離婚率|離婚原因からみる今後の対策方法まとめ

離婚に至るケースのほとんどの場合が婚姻生活5~10年の期間であると言われているのです。(理由は様々考えられますが、その理由は今回はおいておきます)

肝心な事は、結婚10周年を迎えるという事は、離婚の危機が少ない、「夫婦生活安定期間」に突入していくという事です。

仮に、この結婚生活10年の間に、夫婦関係に支障を来すトラブルが起こっていたとしても、何とか乗り越えられる可能性があるという事でもあります。

2番目に離婚が多い期間は婚姻20年~25年と言われています。
出典元:探偵に聞いてみた/離婚が多い時期は?結婚何年目で離婚する夫婦が多いのか

何のトラブルもなく結婚10周年を迎える人も、夫婦で色んなトラブルを乗り越えて来た人も、これからさらに10年以上は夫婦生活を継続していく事ができる可能性が高いです。

でも、長く続く夫婦生活なら、やはりより良いものにしていきたいですよね!

そんな結婚10周年を迎え、新たなステージに向かう夫婦にとって、やはり結婚10周年は意識すべきイベントであると言うべきでしょう!

では、結婚10年以降も夫婦生活を円満に保っていく為にはどうしたら良いのでしょう…

夫婦生活を円満に保つ秘訣はパートナーと向き合う事

夫婦生活が円満な夫婦にはある「特徴」があると言われているます。ネットで検索すると様々な情報が見つかりますが、上位に上がってくる「特徴」はだいたい同じです↓。

夫婦生活を円満に保つ秘訣は「感謝」「思いやり」「会話」
出典元:All About/夫婦円満の秘訣と心得ベスト10!うまくいく夫婦とは

では、以下にランキング形式で夫婦生活円満の秘訣を紹介していきましょう!

3位:感謝する事

社会生活を営む上で、至極当たり前の事です。何かをしてもらったら「感謝する」。

日本人は身近な人になればなるほど、うまく感謝の気持ちを伝えられないのだそうです。家族である「妻、奥様、パートナー」がまさにそうなのではないでしょうか。
出典元:Nestle公式HP/日本人の「ありがとう」を徹底解剖!キットカット調査リリース

夫婦生活は人間と人間の相互協力関係によって成立するものです。

しかし「家事」等は依然として「妻、奥様、パートナー」のどちらか一方が大部分の作業を担っているのではないでしょうか?

「うちは専業主婦だから…」とか

「家事は女の仕事でしょ?」なんて考え方をしている様では、この先大変な事になってしまいますよ。

そもそも専業主婦という家庭は少なく、女性の社会進出は当たり前(この言葉自体が死語?)な時代においては、夫は外で働いているからという、意味不明の優劣関係は存在し得ません。

炊事・洗濯、その他の名もなき家事達、やってもらって当たり前…なんて思っていませんか?

そんな気づかない労力に対して、感謝の「言葉」と「気持ち(物)」を贈りましょう。

2位:相手への思いやり・お互いを思いやる

たまの土日くらい自分の好きな事をさせて欲しい!と言って子供をパートナーに預けて、自分だけ好きな事をやっていたりはしませんか?

それはお互い様の事なんです。

「俺は仕事で疲れてるんだから」

いえいれ、例え働いていなくても、「家事」は立派な労働です。

共同生活は一緒に生活している人同士の協力で成り立っているのです。どちらか一方のエゴがまかり通ってはいけないのです。

大事な事はパートナーを思いやる気持ちです。

それは上記の「感謝」にもつながりますよね?

「大丈夫?今日なんだか疲れてない?」「今日は〇〇代わりにやるよ」等、ちょっとした気配りができると良いですね。

さらに一歩踏み込んで、いつもありがとうという言葉と一緒に、ちょっとしたプレゼントなんかあれば最高でが…普段からそんな起用な事ができる人は稀だと思います。

だからこそ!結婚10周年くらい、ガツンとプレゼンを贈りましょうよ!

1位:会話を大切にする…男女脳の違い

夫婦生活で会話が大事な理由は、「パートナーのストレス軽減」の意味合いが大きいです。

女性がストレスを発散する方法は「物欲に対処する」か「会話をする」事です。

これは男女の脳の仕組みの違いからくるもので、男性は「性欲・シングルタスクしか行えない」、これに対して女性は「物欲・デュアルタスクが行える」という違いがあります。

女性は話が好きだと思いませんか?女性は話す事でストレスを発散している一面もあるのです。

女性は男性と違って、起こった出来事の情報を分類・整理する事が難しい脳の仕組みをしているのです。だから口に出して情報を吐き出すしか、出来事を処理する事ができないという風に言われています。

あなたのパートナーが、意味もなく今日あった出来事を話すのは、意見やアドバイスを求めているのではなく、自分で自分の情報を処理しているのです。

この作業について、とかく男性は「うっとうしい」とか「めんどくさい」と感じがちですが、この話しを聞く、半ば一方通行にも見える「会話」こそ、夫婦生活においてはとても大事な事になってくるのです。

会話にはそんな役割もあるのです、もう一つのストレス発散方法は「物欲」です。

女性は「買い物」が好きです、物を買うのも、貰うのも好きな生き物です。これは「脳の仕組み」として、そうなっているから仕方ないのです、本能です。

ですので、女性に対して「物を贈る」という行為は非常に理に叶っている行為だと言えます。

結婚10年間の良いも悪いも、積み重なった「ストレス」に対して、「物を贈る」事によって、物欲を満たしてあげるというのは、パートナーのストレス軽減にとても効果的だと言えるのではないでしょうか!

スイート10を贈って、残り40~50年の長い人生(夫婦生活)を円満に過ごそう!

では、どれだけ夫婦生活が長いか、日本人の平均寿命(余命)、初婚年齢から考えてみる事にしましょう。想像以上に長い年数を夫婦で過ごす事になるという事実が分かります。

まず、日本人が平均して何歳くらいで結婚しているかご存知ですか?晩婚化と言われているのも頷ける結果です↓

日本人の平均的な結婚に至る年齢は男女平均で約30歳と言われています。
出典元:おもてなしブライダル/結婚年齢の平均は何歳?世界と比べ日本の結婚平均年齢はどれぐらい?

初婚の平均年齢は30歳なんです。

という事で、30歳の人をモデルに考えていきます。

では、我々日本人の平均寿命・平均余命はどのくらいか…世界的に見ても長寿国である事はご存知ですよね↓

日本人の平均寿命は男女平均で約84歳です。

30歳の人が結婚10周年を迎えたとして、40歳です。

40歳の人の平均余命は男女平均で約45年(男性42年、女性48年)です。
出典元:厚生労働省/平成30年簡易生命表の概況

つまりどういう事か…

結婚するまでの人生よりも、夫婦でいる時間の方が圧倒的に長いという事です。

言い換えれば、人生の大半は夫婦生活によって形成されていくのです。

無論、夫婦二人だけという事はなく、その時々で家族を取り巻く環境は大きく事なってきますが、文字通り、夫婦はパートナーです。良いも悪いもともに味わっていく事になるのです。

その為に何が必要か、それが先に挙げた「夫婦生活を円満にする秘訣」です。これができないと、人生の半分以上を「残念な状態」で過ごす事になりかねません。

気持ちを伝えられないからこそ、物を贈ろう!

夫婦生活を円満にする秘訣は「感謝」「思いやり」「会話」でしたね?

ですが、それを日常的に伝えられている日本人がどれほどいるでしょうか…

「日本人 気持ちを伝えるのが下手」とネットで検索すると…

「愛しているが言えない」「自分の気持ちを表現できない」「NOが言えない」等々…

夫婦生活が上手くいかない要因とも思える内容が多数見受けられました。

言葉や態度で「感謝・思いやり」を伝えられる事が出来なければ、「会話」が成立する筈もありません。

伝えられない気持ちは「物を贈る」事で伝えよう!

円満な夫婦生活に必要な「感謝・思いやり」を伝える方法として、まさに結婚10周年の贈り物「スイート10」はもってこいなのです!

普段言えない感謝の気持ち、ちょっとした日常場面で伝えるのは気恥ずかしいものがあるかも知れませんが、結婚10周年というタイミングであれば「10周年だから」という口実もあるので、気楽に「感謝・思いやり」の気持ちを伝えられる事ができるはずです。

人生の半分以上を占めるかも知れない夫婦生活、それを円満に過ごせるかどうかは、人生そのものの満足度に直結するかも知れません。

普段パートナーに「感謝・思いやり」を伝えられず、「会話」が少なくなってきた夫婦こそ、スイート10ダイヤモンドや結婚10周年のプレゼンを渡してみてはいかがでしょうか。

私は上げます、年老いてから「あの時…」なんて言われたくないですし。

皆さんはどうしますか?贈って幸せな人生?それとも…